comonyの機能

comonyの機能

For Functions
comonyは様々なシチュエーションで
活用できるVRプラットフォーム
として、多様な機能を備えています。
ヘッドマウントディスプレイによるVR体験をはじめ、
Mac・WindowsのPCやiPhone、Androidの
スマトーフォン でもご利用が可能です。
DEVICE

様々なデバイスでご利用いただけます

comony
Functions
スマートフォン

スマートフォン

Android / iOS
PC

PC

Windows / Mac
VRデバイス

VRデバイス

Oculus Quest / Oculus Rift
※デバイスによってはストアに一般公開していないものもあります。詳しくはお問い合わせください。
FUNCTION

comonyの基本機能

1.

音声の共有

マルチボイスチャット
同じ空間にいるユーザー同士で、デバイスのマイクを使って音声コミュニケーションが可能です。
マルチボイスチャット
VR音響
音の発信源(他のユーザー)の位置によって、音声の聞こえ方が違います。遠くにいるユーザーの声は小さく、近くにいるユーザーの声は大きくなります。
VR音響
2.

空間の共有

公開

公開

comonyの空間一覧でも掲載され、どなたにもご覧いただくことが可能です。

限定公開

限定公開

urlを知っている方のみがご覧いただけます。特定の方にのみ空間を共有することができます。

自分のみ

自分のみ

他の方は閲覧・入室できず、ユーザーご自身のみでご利用いただけます。

3.

視点の選択

Case 1.
一人称
アバターの視線で空間を見渡すことができます。実寸の規模感を確認したい時にご利用いただけます。
一人称
Case 2.
三人称
アバターの後方から空間を見渡すことができます。アバターの見た目を確認することができます。
三人称
Case 3.
バードビュー
アバターの上空から空間を見渡すことができます。空間を俯瞰的にご覧いただきたい場合にご利用いただけます。
バードビュー
4.

ファイルの共有

動画
空間の一部や外観をスクリーンにして、動画をくみこむことが出来ます。インターネット上のサービスを用いてライブ動画の配信も可能です。
動画
プレゼンテーション
プレゼンテーションスライドやPDFをバーチャルスクリーン上に投影することができます。
プレゼンテーション
5.

Webサイトとの連携

dummy image

クリエイター紹介ページ、
空間紹介ページの編集

comonyのwebサイトにはクリエイターを紹介できるプロフィールページと、空間の詳細ページがそれぞれ自動で作成され、自由に編集が可能です。

dummy image

他サイトへの組み込み
(comony入室ボタン)

空間ごとに固有のエンベッド用ソースコードが発行できます。他サイトにエンベッド用ソースコードを組み込むことで、指定の空間に入室できるcomonyのボタンを設置することが可能です。

6.

リアクション

拍手

拍手

挙手

挙手

イイネ

イイネ

7.

その他

オブジェクト設置
家具や機械など、様々なCGオブジェクトを自由に設置してレイアウトをシミュレーションできます。
※本機能の詳細についてはお問い合わせください。
オブジェクト設置
自動案内機能
あらかじめ設定した道順に沿って、ユーザーを自動でナビゲートします。空間案内の自動化が可能です。
※本機能の詳細についてはお問い合わせください。
自動案内機能
Coming Soon
上記以外にも、今後様々な新機能を実装予定です
バーチャル空間を活用し、新しいビジネスを創出。

VRプラットフォームであるcomonyと、
弊社の3Dコンピューティング技術を駆使して、
様々なビジネスソリューションを提供いたします。

御社のビジネスにVRを活用いただくためのコンサルティングから、
自社チームによる安価なCG制作、VRアプリの機能開発まで
ワンストップでのソリューション提供が可能です。

詳細を見る
バーチャル空間を活用し、新しいビジネスを創出。
comonyが目指す「デジタルツイン」

現在、様々な物理的制約により、今まで通りビジネスを行うことが難しくなってきました。

逆に、デジタルツインや5Gなどテクノロジーの進化によって、
今まで実現できなかった様々なビジネスが
新しいテクノロジーを駆使することで実現可能になりました。

comonyを運営するラストマイルワークス株式会社では、
自社の強みである「現実空間をバーチャル上で再現する」方法を用いることで、
現実空間では難しい課題をバーチャル空間上で解決し、現実世界をより良くしていきます。

詳細を見る
comonyが目指す「デジタルツイン」