comonyが実現する<br />「デジタルツイン」

comonyが実現する
「デジタルツイン」

Digital Twin
空間を形成する不動産や、建築、都市開発といった業界において、
3Dデータの活用はDXを推進していく上で必要不可欠です。
しかしながら、3Dのローデータは非常に扱いにくく、
ンドユーザーに届きにくいのが実態です。
そこで、comonyではゲーミングエンジンを利用して空間データを記述し、
いつでも、どこでも、誰でもアクセスできるような公共性と
アクセシビリティを兼ね備える ことで、
エンドtoエンドのデジタルツインモデルの構築を目指しています。
For Business

デジタルツイン

dummy image

デジタルツインとは

空間を形成する不動産や、建築、都市開発といった業界において、3Dデータの活用はDXを推進していく上で必要不可欠です。
しかしながら、3Dのローデータは非常に扱いにくく、エンドユーザーに届きにくいのが実態です。そこで、comonyではゲーミングエンジンを利用して空間データを記述し、いつでも、どこでも、誰でもアクセスできるような公共性とアクセシビリティを兼ね備えることで、エンドtoエンドのデジタルツインモデルの構築を目指しています。

Technology

ラストマイルワークスの
空間コンピューティング技術

dummy image

サイロ化されたデータを
コンテキスト化

ローデータはそのままでは扱いにくいため、オープンフォーマットに変換します。また、ウェブのアクセス解析ツールから取得したデータやオフライン活動から得たデータなど、サイロ化されたデータの意味をきちんと理解し、3Dデータとの関連性を明らかにすることで、コンテキスト化をおこないます。

dummy image

ドメイン駆動設計による
デジタル空間の定義付け

例えば、都市開発を例に挙げると開発計画を可視化し、周辺住民への説明や合意形成に利用する場合と、開発計画による環境の変化をシミュレーションする場合で、実装内容が異なります。そこで、それぞれの目的(ドメイン)に応じて、コンテキスト化されたデータからドメインモデルをつくり、ゲーミングエンジンで記述することで、適切なメタデータを付与し、デジタル空間の定義づけをおこないます。

dummy image

ユーザーの行動分析により、
実空間にフィードバック

定義されたデジタル空間はアプリケーションという形で、エンドユーザーに届けることができます。そして、アプリケーション管理者側はスコアリング、プロファイリングされたユーザーの行動分析をおこなうことで、適切なシミュレーション結果を出力し、デジタルツインとして活用することができるようになります。

会社概要
社名
ラストマイルワークス株式会社
日本オフィス
東京都中央区新川1-25-2 新川STビル4F
カンボジアオフィス
LASTMILE WORKS (CAMBODIA) Co., Ltd.No.1159, Bldg. No.2, 4th Fl., National Road No.2, Phum Prek Tanu,S/k Chak Angre Leu, Khan Mean Chey, Phnom Penh
ベトナムオフィス
8F, Le Meridien Building, 3C Ton Duc Thang str., Ben Nghe ward, Dist. 1, Ho Chi Minh City
設立日
2016年11月1日
代表者
小林 雄
事業内容
  • 住宅業界向けデジタルコンテンツ制作サービス terior
  • 都市開発向けインタラクティブコンテンツ制作サービス Digital City
  • VR空間共有プラットフォーム comony
  • CG・VR制作関連アウトソーシング業務
  • オフショア開発・ラボ型開発業務
バーチャル空間を活用し、新しいビジネスを創出。

VRプラットフォームであるcomonyと、
弊社の3Dコンピューティング技術を駆使して、
様々なビジネスソリューションを提供いたします。

御社のビジネスにVRを活用いただくためのコンサルティングから、
自社チームによる安価なCG制作、VRアプリの機能開発まで
ワンストップでのソリューション提供が可能です。

詳細を見る
バーチャル空間を活用し、新しいビジネスを創出。
comonyの機能

comonyは様々なシチュエーションで
活用できるVRプラットフォームとして、
様々な機能を備えています。

ヘッドマウントディスプレイによるVR体験をはじめ、
Mac・WindowsのPCやiPhone、Androidの
スマトーフォンでもご利用が可能です。

詳細を見る
comonyの機能